わたしのことは

わたしのことは、忘れていいよ。
そう。ママのことは、忘れてもいいよ。

いい大人が、いつまでもママ、ママって言うのはおかしいものね。
ま、大人になる前から、ママを頼るような子じゃなかったし。

今、大人にになって、家庭を持って、
きっと日々悪戦苦闘しながら(そうじゃないかもしれないけれど)
毎日を楽しく生きているんだろう。

そうでなくては困る。
あたしが心血そそいで育てたのに、
不幸っぽい生活などしてもらっては、
あたしの努力が水の泡だ。

便りがないのは幸せな証拠だろう。

自分が20代の頃を思い出せば、
やっぱり親のことなんて考えもしなかった。
たまに顔を出すぐらい。


よその子は、毎日のように親に電話をしているなんて話も聞く。
(それもどうよ?)

うちの子は、自立したのだ。
そして、母の日は今年は酢のセットをプレゼントしてくれた。
面倒臭いな~と思いながら用意をしたのだろう。
親のことを思い出す日、母の日、父の日。

誕生日にもプレゼントを送ってくれる。

年に2回。
思い出してくれるのね。

そのほかの363日は、親のことなど忘れててもいいよ。

c0217323_13330298.jpg



[PR]
by prittna | 2017-06-07 13:41 | あるばむ

毎日のできごとの記録


by prittna
プロフィールを見る
画像一覧